words and terms

気になる言葉のメモ

截然/鴻溝

截然(せつぜん)

 区別などがはっきりしているさま。

 

 たまに見かけるんだけども、読み方が全然覚えられない。調べると例文として『吾輩は猫である』の一文――「今の人の自覚心と云うのは自己と他人の間に截然たる利害の鴻溝があると云う事を知り過ぎていると云う事だ」――が出てくる。鴻溝(こうこう)というのは、大きな溝、へだたりのことだが、中国の故事に由来する言葉である。秦が滅び、まだ天下が統一しない頃、項羽と劉邦が天下を二分して互いの領土としたときの境界線となった川のことらしい。