words and terms

気になる言葉のメモ

濫觴

濫觴(らんしょう)

 物事の起こり。始まり。

 濫は「浮かべる」、觴は「さかずき」の意。

 「昔者、江は岷山より出ず。その始めて出ずるや、その源は以て觴を濫ぶべし」(かつて長江が岷山から流れ出たが、源流はさかずきを浮かべるほどの少ない水量だった)という孔子の言葉に由来する(『荀子』)。